「中林建設」トップページ > 基礎杭工法紹介 > ダウンザホール工法

基礎杭工法紹介

ダウンザホール工法

ダウンザホールハンマー工法とは、従来の削岩機と同様にビットに打撃モーションを与え掘削していくものである。
ハンマーの動作はコンプレッサーからのエアーがロットを通じて供給し、シリンダー内のピストンが往復運動を行い打撃運動を行う。ビットの先端に取り付けたチップが岩盤を破砕する。
細かく破砕されたスライムは、エアーブローにより地上に吹き上げられる。

地盤は一般土砂から岩塊・玉石・硬岩までのあらゆる掘削に適するが、他の工法では不可の硬岩岩盤においても確実に掘削できる工法である。

・掘削径はφ250mm〜1,200mm、掘削長は30m程。
・多様なベースマシンとの組み合わせにより、段差地や狭隘地での施工可能。
・打撃掘削であるので、岩盤、転石層の掘削が迅速。
・安定液を使用しないため汚泥発生が無く、環境保全対策に有利。
・設置分解が容易に行える。

ダウンザホール工法 ダウンザホール工法

ダウンザホール工法に関するお問い合わせ、お見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちら