「中林建設」トップページ > 基礎杭工法紹介 > リバースサーキュレーション工法

基礎杭工法紹介

リバースサーキュレーション工法

ビットを回転させ地盤を切削し、その土砂を孔内水とともにサクションポンプまたはエアリフト方式等により地上に排出することで削孔し、孔壁の保護は、表層部ではスタンドパイプを使用、スタンドパイプ下端以深では、孔壁に形成されたマッドケーキと、孔内水および地下水の水頭差により行う。

大径かつ大深度掘削に対応でき、特殊ビットを使用しトルクを増すことで岩盤の掘削も可能である。

特徴

・大径(φ3000mm)で大深度(約75m位)の杭の施工も可能である。
 また、水上・低空頭での施工も可能。
・特殊ビットを使用し、トルクを増すことで岩盤の掘削も可能である。
・逆循環汚水掘削の為、砂質土が多い地盤でも崩壊せずに施工が可能。
・低振動・低騒音で施工できる。

良質な杭ができた場合の周面摩擦力は打ち込み杭に匹敵する

リバースサーキュレーション工法 リバースサーキュレーション工法 リバースサーキュレーション工法の実績を見る

リバースサーキュレーション工法に関するお問い合わせ、お見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちら