「中林建設」トップページ > 基礎杭工法紹介 > TBH工法

基礎杭工法紹介

TBH工法

BH工法では掘削能率が悪かった大口径の掘削もリバース(逆循環)掘削方式により、より速く掘削が可能。

また、正循環掘削方式(BH工法)で問題があった礫層の掘削とスライムの沈殿もこの工法でより確実に管理・施工ができる。

近年ではリニュ-アル再開発・補修工事が盛んであり、既存の構造物下での作業空頭の低い条件や狭隘な条件の工事で多用されている。

・狭い敷地や屋内等の作業高さが低い場合でも施工可能
・機械が軽く小型のため狭い道路でも搬入出ができる
・機械の組立解体に大型重機を必要としない
・孔底のスライム処理が確実にできる
・施工時の騒音振動が非常に少ない(低騒音・低振動)
・ビット交換で玉石・硬質地盤の掘削が可能
・大口径の掘削が可能(最大φ2,000mm)
・軟弱地盤の掘削は正循環方式の切り替えにより可能

TBH工法の実績を見る

TBH工法に関するお問い合わせ、お見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちら